車検の時期からクラウンの売却を考えてみる

クラウンはトヨタの高級車です。これは誰もがご存知のことだと思います。

トヨタはそのブランドイメージを守るべく、どの世代のクラウンについても、その時代ごとの最高の部品や装備を充ててきました。

したがって、そう簡単には壊れたりしないのがクラウンなのです。

そう簡単に不備が出ないというのであれば、車検もしばらく受けなくていいよね、という気持ちになるのは十分わかりますが、現実的な発想ではないようです。

日本の車検制度は、自動車に関する安全を考慮した部分と、自動車に関わる人々の仕事を守るためにあるものです。

したがってクラウンのように壊れない車であれば、不具合が出るようなことはないと思いますが、車検がなくなるとメンテナンスの場で働く人々にお金が入ってこなくなります。

そうすると、あまり面白くない仕事となり、整備士を目指す人は少なくなってしまうと思います。

もし整備士がいなくなれば、いざというときの修理費はかなりバカ高くなるでしょうね。

クラウンを新車で買った場合、最初の車検期間は3年です。1回目の車検ではどんなにタフな乗り方をしたとしても、問題ないでしょう。5年乗った後の車検では、普段の乗り方で差が出てくることになると思います。

車はどんなに精巧に作られていても、動かせば様々なずれが出てくるものです。したがって問題が出始めるのは5年くらいからでしょう。

クラウンを売却するのであれば、この5年目の車検を見据えた売却がよいのではないでしょうか。

メーカーもクラウンのフルモデルチェンジを4~5年でやっているようですから、このサイクルが一番よいかと思います。早く売りに出せば、その分買取価格も高くなるでしょう。

ローンが残っているクラウンを売却するとどうなるの?

クラウンを所有しているオーナーは、お金持ちの人が多いイメージがあります。

それこそクラウンを購入するときにローンなど組まないで、現金でポンと購入できる経済力のある人が多いのかと思えば、意外とそんなこともないようです。

最近景気の低迷で金利がものすごく低い時期が長く続いています。バブルの頃は車のローンを組むと10数パーセントの利息が当たり前でしたが、その金利も2%~4%前後に圧縮されているのです。

外資系の大きな自動車会社では、しばらく0金利をやっていたときもありましたね。これは、ローンを組む会社を外部委託するのをやめ、自社で返済の対応をするようにし、車を売って利益を得ることに集中したのでしょう。

まあ、いずれにせよ、20年間に比べると車を買うときの金利はものすごく低くなっており、クラウンのような高級車が、普通の人でもローンを組んで買うことができる時代になっているのです。

その結果、お金のない若年層がクラウンを持っているケースも増えて、ローンが残ったままの売却も少なくありません。

ただ、ローンが残った中古車を売却すればローンはどうなるのでしょうか?

説明すると、以下のようになります。

例えば、クラウンを200万円で売却できたとして、ローンが250万円残っていれば相殺することになります。

したがってローン残高は50万円になるということです。

ここで新しい車を購入してさらにローンを組むことになった場合は、どうなるのか。そうです。新たにローンを組んだ額と残高の50万円を足した額がローンの総額ということになるのです。

つまり、新たに200万円のローンを組んだとしたら、ローン残高は250万円になるということです。金利の低い時代ですので、こうしたことが気楽にできるようになったのです。

あ、それから売りたい車がクラウンではなくトラックなどの場合ですが、一般的な車買取業社に売却すると損をするようです。

では、どこに売却すると良いかということですが、それはトラック専門の買取業社です。買取価格に大きな差がでるようです。

最後に高額買取をしてくれる業社をご紹介しておきます。その名はトラック王国。トラック王国なら高額買取してもらえるようです。

クラウンを売却する前に知っておくべきことについて